カメ散歩の日記

読書のメモや雑感を書いてます

AI大図鑑 のメモ

書籍名

AI大図鑑 松尾豊 監修 ニュートンプレス 2020/12/15

気になった部分

  • 先入観のないAIは画像チェック役には最適
    • 統合的に世界を理解することが今のAIのできないことだが、単機能で使う分にはむしろそれがメリットとなる。ツールとして扱いやすい狭いAI。
  • 話し方の特徴からAIが精神疾患の有無を判定する
    • 「あくまで参考として使う」とのことだが、精度が高まれば確定診断に使うんだろうな。採用試験とかで使うようになったりもするんだろう。医療行為としてしか使用しないように規制をかけるのが妥当だろう。
  • 科学論文の「再現性」がAI医療のネックに
    • これはAIの世界では普通にありそう。実験環境(予め仕組まれた環境)ではうまくいくが、それ以外の環境(いわゆる本番環境)ではうまく行かないことが往々にしてある。大規模に学習するためのデータを用意できる企業や、大量データを容易に集められる分野でしか実用化に時間がかかるんだろう。医療はリスクが高いので実用化までに時間がかかる。とはいえ、時間の問題であり、長期的には解決していくんだろう。
  • 音声翻訳は、三つのAIが瞬時に動いている
    • 言われてみれば至極当然なのだが、なんとなくひとつの「音声翻訳のAI」といったイメージを持っていた。このように、いくつかの小さなパーツの集合体で一つの機能を作り上げるということが理解できると、(なんとなく壮大なイメージの)AIというよりは、一つ一つのモジュールを単に組み合わせた通常のソフトウェアと何ら変わらない事がわかる。なぜなら、通常のプログラムは、すでにあるパーツを組み合わせて使うことが多く、全部イチから作るわけでもない。よって、AIのパーツ化が進めば、普通のプログラムをつくるのと何ら変わらなくなる → そうなるとわざわざ「AI」とは呼ばなくなるんだろう。
  • 人事採用でAIに評価される時代が到来
  • AIが結婚のパートナーをおすすめしてくれる
    • 上2つはもう違和感ない感じ。なれてしまった。
  • AIが”身体”をもてば言葉の意味を理解できる?
  • AIが現実世界を学ぶための「身体」
    • これは私も思いついたアイデア。やっぱりこの線で考えている学者・エンジニアがいるんだ。

雑感

中学生から大人向けという感じ。 今話題になっているAIってこんな感じでもう世の中に広まってきているよ、と紹介している感じ。 期待通りといえば期待通り。

読むことになったきっかけ

AIのことをざっくり全体的に把握できるかな、と思って本屋で衝動買い。